2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

初夏

真白なノート ペンを走らせ君との思い出を書き始める
窓の外はあの日のように昨日から降り止まない雨
いつまでも繰り返し窓を叩く

ポツリ ポツリ ひとつ ふたつ
静かに振り出した窓の外
天気予報どおりの雨 君は傘を持って出掛けたかな?

「さよなら今日の日」を幾重も重ねる
空を見上げれば光の粒
ありふれた日常 残響のオーケストラ 雨が奏でた

罪人の行き交う街の中で迷わずに君を見つけられる
葉桜を濡らす初夏の雨、君が来るのを待ってる僕
濡れてしぼんだネコ 君に重ねて

紫陽花みたいだね
鮮やかに咲く街並の傘
真赤なビニール傘 君の横顔赤く染めた

木陰の鳥達 空を待ちわびてる
生憎僕はこの雨、嫌じゃない
傘を一つたたんで小さな僕の傘に君を招いて

凛とした空気は堰を切った 指先が軽く触れ合う距離
今日の君は髪を結い上げ、昨日よりも大人に見えた
ありふれた日常 染まってゆけ

雨は止み机にペンをおいた。空はいつしか流れ始めた
僕が君についていた嘘、
きっと君は知ってたよね。初めから。

僕らの失敗は雨に流れ、やがて僕達も押し流した
君が描く幸せの絵に僕の姿は見当たらない
その目に映っていた僕は
罪人行き交う街の中で迷わずに君を見つけられた
葉桜を濡らす初夏の雨、いない君を探してる僕
目を閉じ 風の香に君を映し

by ムック

初夏の歌ってこれしかしらねぇw
別に心情とかじゃなく 今時期をあらわしたくて記載



やべ 最近更新してねぇ。
スポンサーサイト

| ぼやきでやんす | 01:17 | comments(7) | trackbacks(0) | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。