PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Blame

Blame


もう一度あの二つに別れた道へ
戻れるとして君に
触れないで迷わずこの道を選べるか
解らないけれど 


胸の奥に突き刺さったままの情景が抜けない
息が出来ずいくらもがいても

please don't Blame it on me

君を今も思う日々が
僕の全てだとしても
いつか時が膝を抱えた
僕を連れてゆくよ

罪を数え暮す日々が
僕の全てだとしても
夜を踊り続けるだろう・・・

以上、L'Arc-en-Cielの「Blame」より抜粋

この歌は今でもよく聴いてしまう

出たのは・・・・メジャーの1stアルバムやから10年以上前になるか・・・


良い歌はいつまでたっても良い歌だ

Blame━━ vt. とがめる, 非難する ((for)); …のせいにする ((on, upon)); 〔米話〕 ((命令形で)) のろう.

【感想】


かつて通った道 戻れない道

君を傷つけると言う、過ちを犯し

今もなお、その罪に苛まれる

もう、戻る事はできない

Blame・・・誰を咎める?

無常に過ぎ行く時間ではない

君でもない その相手は

若かりし日の己自身である

いくら咎めようとも

過去を変えることはできない

罪の意識が今も 心を蝕む

だから

忘れるのではなく 心にとどめ

いつまでも己自身を咎め続ける

まるで、それが償いであるかのように


スポンサーサイト

| MUSIC | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://typejoker.blog47.fc2.com/tb.php/17-1b108b66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT