PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

間奏 -悪性起源-


俗世のしがらみから逃れるため、

人里離れた山々に囲まれた集落に

身を寄せた人々がいた。




人は善よりも悪に染まりやすい。

そのため争いは絶えず、人々は悪性に冒されていく。


彼らは俗世の悪性に染まらぬよう自分たちの善性だけを信じて集った。

しかし、人間というものは生まれながらにして悪性、善性を兼ね備えているものだ。


善性だけの人間などいるわけがない。


彼らには、この考えが通じなかった。



この集落が出来た頃は皆、力を合わせて
村を開拓し、畑を作り、食べるものも皆で分け与えて食べていた。

この集落のどこにも悪は存在しなかったのである。


しかし、取れる作物の量が安定し、家々が立ち並ぶと
それぞれに欲求が生まれだした。

もっと、沢山の水を、食料を、と。

当然の結果である。

人はよりより生活をもとめるものなのだから。






しかし、人々は戸惑った。

こん薄汚い感情はなんなのかと。

なぜ、人より良いものを欲するのかと。

戸惑いが村全体を襲う。



それは自分達の内側にある悪性を信じたくない故である。

自分達は善であり、そしてその善性を守るために

悪が蔓延る俗世を捨てた筈なのに。




しかし、どんなに努力し、どんな神を信仰しても

自分達の悪性を取り除く事はできなかった。

嫉妬、嫌悪、憎悪、怠惰・・・・

これらの感情を切り離す事は不可能だったのである。





内なるものに対する不満を取り除くために彼らが何をしたか。










彼らはその悪性の原因を内側ではなく外側へ向けた。

たった一人を悪性の原因・・・悪魔だと決めつけたのだ。


自分達の内側から来る悪性は、実は外側からその悪魔が
糸を引いている。


そして、その日から彼は歴史上いなくなったのである。

殺されたわけではない。

殺してしまえば、この世の悪性の原因がなくなるからである。



そして彼は・・・


人として、あらゆる記録から抹消された。


生まれた時、両親に祝福されながらつけれた名前も

生まれてからずっと住んでいた家も。


あらゆる人しての記録は、この世から抹消された。

悪魔に人間としての記録は必要ない。

いや、最初から悪魔だった事を強く認識するために。



このやり方は別段何も問題なく成功した。

なぜなら、人は自分を責めるより、他人を責めるほうが得意だからである。




彼はこの世の悪性の根源として

多くの人たちに奉られ続けた。


そうすることで人々は自分が善性だと信じることができた。



気の遠くなるほど長い年月と、数え切れないほどの多くの人々に

死後も悪魔として信仰された続けた彼



何も力を持たない人間が、その絶大な信仰力で

死後、神と対を成す力を得るほどの悪魔に昇華した。



彼はたったひとりで、この世の全ての悪を生前も死後も背負い続けたのである。


彼自身、生きているころ 悪魔として信仰されることに何も思わなかった。


くじ運が悪かったのだろうと。それくらいにしか認識しなかった。


この世の摂理としては死後、人々はあの世と言われる場所に行き着く。

行き着けるはずなのだが、彼はそこに行けなかった。


永遠に悪魔という役を押し続けられているのである。



生前、この世の悪を引き受け続けた彼は

死後もその呪縛から解放される事もなく。

今も、人々のために悪魔であり続けているのである。


これは、そんな話。






スポンサーサイト

| 小説はじめました | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://typejoker.blog47.fc2.com/tb.php/171-bf4fde21

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。